マンガのブラックジャックを見て、医者になりたいと思った

マンガを見て医者になりたいと思った

マンガのブラックジャックを見て、医者になりたいと思った。
現実的には医者になるのは無理だけど、せめて体の中の事を一通り知っておきたいというのはある。どこにどの臓器があって、どのような配置で、どうつながってとかはとても興味があります。

心臓、肺とかの一般的な常識と言える範囲は知っているけど、そのもうひとつ踏み込んだ知識を身につけたい。
そして欲を言えば、普段の自分の行動から、自分自身の健康状態が的確に把握できるまでになりたい。
症状を診て、どこの臓器がちょっと負担気味とか分るようになったら、それなりの対処を施して、気をつけるようになったらいいなと思います。

ブラックジャックのように人の症状を見て、すぐ的確に病気を診断できるぐらいの神の領域には、ほど遠いけど、自分の体位は「あっ、今、体のどこがいけない。」と、判断できたらいいなと思います。

年をとってくると自分の体はある適度、自分で制御して無理をせずに、適度に使っていくことを覚えていくようになる。そのとき、医療的な基本的な知識が役立つと思う。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加